賃貸アパート・マンションの1階に住む10のメリット

1階と2階イメージ
1階か2階以上か

賃貸では1階は敬遠され2階以上は人気

一般的に賃貸アパートや賃貸マンションで1階というのは敬遠されがちで実際お客様の仲介をしていて条件として2階以上で探される方はとても多い印象です。

2階以上のメリットは?

なぜ2階以上のほうが人気なのでしょうか。要因はいくつかあります。

  • 泥棒が入りにくい
  • 階数が上にいくほど日当たりが良くなりやすい
  • 虫が入りにくい
  • 外の人から見られにくい
  • 外の騒音が聞こえにくい
  • 景色が良い

1階と比べると防犯性日当たりが良くなる可能性が高く、そこを気にされる方がほとんどです。

ですが、2階以上の賃貸アパート・マンションにもデメリットはあります。

2階以上のデメリット

  • 上の階にいくほど家賃が高くなりやすい
  • 足音など下の部屋に気を遣わないといけない
  • 混んでいるとエレベーターがすぐに来ないときがある
  • エレベーターなしの3,4,5階は大変
  • 引越しが大変
  • 日当たりが良すぎると夏が暑い
  • 災害が起きたときに逃げにくい
  • 高層階に住むと外出が億劫になる

1階から比べると家賃は高く設定されがちです。どの階数も同じ家賃のところもありますが階数が上がるにつれ1,000円や2,000円ずつ家賃が高くなるところがほとんどです。

急いでいるときに階段の上り下りエレベーターがなかなか来ないとストレスになりますし、外出自体が面倒くさくなり家に引きこもりやすくもなります。

万が一災害が起きたときにエレベーターが止まるとエレベーター内に取り残されたり、階段で降りる分、逃げ遅れたりする恐れがあります。

1階の10個のメリット

賃貸お部屋探しで1階部分を敬遠されている方は多いですが、メリットは意外とたくさんあります。

  1. 家賃が安い
  2. 引越しが楽で費用も抑えられる
  3. 階段やエレベーターを使わない分、楽で時間の節約になる
  4. 災害時に避難しやすい
  5. 足が悪い人は1階が楽
  6. 子供の転落の恐れが少ない
  7. 下の部屋を気にする必要がない
  8. 1階に管理人がいれば防犯面も安心
  9. 夏は涼しい
  10. シャワーの出が良い

1.家賃が安い

1階部分は上記のメリットがあるといえども現状は人気があまりないため入居者が決まりにくく、オーナーさんは家賃を安く設定することがほとんどです。

たまに全フロアが同じ家賃設定のところがありますが、そういうところでも1階のほうが家賃値下げ等の交渉はしやすいかもしれません。

金銭面を抑えたい方は1階が断然おすすめです。

 

2.引越しが楽で費用も抑えられる

売買と違って賃貸は数年に一度住み替えがあり、その度のお引越しはすごく面倒ですよね。1階は家具運び荷物の出し入れがとにかく楽です。引越し業者を使う場合はそこまで気にしないかもしれませんが、階数が上がれば引越し費用も割り増しになることがありますのでこちらも金銭的にお得です。

入居時だけでなく退去時も同様に引越しがしやすいですし、普段のちょっとした荷物の出し入れや大きな買い物があるときも1階は楽であると言えます。

 

3.階段やエレベーターを使わない分、楽で時間の節約になる

通勤・通学等の外出時の移動時間や体力を毎日節約できます。

エレベーターなしの3,4,5階は住んでみると階段が辛くて後悔することがあります。ほぼ毎日外出する方はその分、体力や時間を消費しますので長い期間で考えると大きな差になります。

エレベーターがあってもほとんどの賃貸マンションは1基のみですので混んでいた場合、なかなか利用できず遅刻したり予定よりも時間がかかってしまうことがあり、ストレスにもなります。

1階であればこういったストレスを感じることがないですし、外出が億劫になり引きこもりやすくなることもありません。

 

4.災害時に避難しやすい

地震があったときにエレベーターが止まり、階段を使わなければいけなくなったり、火災のような一刻を争うような状況でも1階は避難しやすく有利です。

万が一の場面でも1階のメリットを強く感じることができます。

 

5.足の悪い人は1階が楽

お年寄り足や腰を悪くしている方は階段を使わない1階のほうが生活がしやすく安心です。

外出以外にもゴミ出しや郵便受けの確認等部屋の出入りは結構ありますので1階のほうが足腰の負担は少ないと思います。

 

6.子供の転落の恐れが少ない

2階以上で小さいお子様がいる家庭では窓やベランダ・バルコニーからの転落の危険性が常にあります。ある程度対策をしていたとしても子供は親の見ない隙に想定外のことを起こすこともありますので1階であれば落下による怪我の危険性はかなり抑えられます。

 

7.下の部屋を気にする必要がない

上の階や左右の部屋に対しての騒音の配慮はありますが、一番響きやすい下のフロアへの足音や振動をそこまで気にする必要がありません。

特に小さいお子様がいる場合は2階以上だと近隣トラブルになる可能性も高くなりますので1階が安心かと思います。

 

8.1階に管理人がいれば防犯面も安心

ある程度の規模の賃貸マンションであれば管理人さんが1階にいることがあります。管理人さんがいれば1階の部屋のほうが泥棒は狙いにくく安心であるといえます。管理人さんがいなくても1階のほうが人通りが多いですし、お部屋が外からの視認性がよければ泥棒は嫌がるので建物の構造によっては1階のほうが狙われにくいこともあります。

 

9.夏は涼しい

日当たりが良くなければ夏場は涼しく過ごせます。寒いのより暑いほうが苦手な人にとってはおすすめです。

ただし、日当たりが悪ければ冬場は冷えやすいですので防寒対策が必要です。

 

10.シャワーの出が良い

1階部分のほうが上層階に比べ水圧が高いのでシャワーの出がよくなりやすいです。

シャワーも毎日のように利用するものですからこだわりが強い方には1階のほうがおすすめです。

マンション
自分に合った階数を考える

まとめ

1階も2階以上も一長一短ですので2階以上が「防犯上で安全!」、「2階以上でないとだめ!」と決め付けたりしないで1階のメリットも考慮した上でご自身の生活内容と照らし合わせ幅広くお部屋を探すことをオススメいたします。

札幌の仲介料無料の賃貸部屋探しはホームスナイパーへ
お部屋探しは仲介料無料のホームスナイパーへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です